USCPA

【USCPA勉強法_教科書編】1年3カ月で合格した僕がしたこと

「USCPAに合格したいけど、なかなか点数が伸びない。。どうやって勉強したらよいか知りたい。特になかなか覚えられなくてツラい」

本記事はこの様な悩みを解決します。

最初に断っておきますと、僕は暗記が大の苦手です。暗記力を高めるために様々な本を読んだり、食生活を変えたりもしまいした。そんな僕が1年3カ月で合格するために取り入れて、効果があった勉強法なので、参考になると思います。

本記事の内容

  • そもそも教科書で勉強するとはどういうことか
  • 教科書の読み方、教科書への書き込み方
  • 教科書で効果的に復習する方法
  • 僕が実際に使った教科書を用いた実例紹介

本記事の信頼性

Minoru

  • 会計知識ゼロから1年3カ月でUSCPAに合格
  • 転職後はBig4アドバイザリーに勤務

USCPAの勉強法1 最初に:教科書に対する心構え

「心構え」なんてあいまいなタイトルですが、書きたいことはめちゃくちゃ具体的で、下記の2つです。

  • 教科書の2つの役割
  • 問題演習が主役

1つづつ解説します。

USCPAの勉強法1-1 教科書の2つの役割

1つ目の役割は単純に教科書としての役割でして、つまり単にインプットするための教材です。

何も知らなければ問題を解けないので、もちろん教科書で知識を仕入れる必要があります。ただし、この役割は最初の1回(初読)から重要性がどんどん下がります。

USCPAはアウトプットが大事なので、問題演習と、テキストへの書き込みが初読以降の主役であることを覚えておいてください。

と言うわけで2つ目の役割はノートとしての機能です。

ゼロからノート帳にノートを取るのはUSCPAでは止めましょう。効率が求められるので効率が悪いです。代わりに、教科書に直接書き込んでいきましょう。教科書に書いてあることをベースにノートをかけるので、書き込み時間を大幅に削減できます。

感覚ではノートへの書き込みする10倍のスピードで同じ情報量をまとめられます。

因みに、僕は講義は聞かない派です。動画はどうしてもインプットのスピードが落ちてしまうので、「読んでわかること」は教科書を読んでインプットして、「読んでもわからないこと」だけオンライン講義の該当部分だけ聴いてました。

1.5倍速で聴ける人は講義を聞いても良いかもですが、僕は読みながら考えたりもしたかったので教科書中心でインプットしました。

USCPAの勉強法1-2 問題演習が主役

繰り返しですが、USCPAの主役は問題演習です。最初は教科書を読まないとどうしようもないので読みますが、以降は問題演習が中心です。

最初以外は次の順番になるので、問題演習ファーストになります。

  • 問題を解く
  • 解いた結果の振り返りを教科書に書き込む
  • 書き込みを読み込んで次の問題演習に向けて記憶定着を進める

問題演習に関する勉強法は【USCPA勉強法_問題演習編】1年3カ月で合格した僕がしたことに書いています。

USCPAの勉強法2 初めて教科書を読むとき

いくつかあるので、取り入れられるものから取り入れてください。

  • 覚えなくて良い。理解すればOK
  • 早く読まなくて良い。自分なりにかみ砕く
  • 関係性を矢印でつなぐ
  • ぱっと思いつくなら表にする

ひとつづつ説明します。

USCPAの勉強法2-1 覚えなくて良い。理解すればOK

覚えようとして良いことが無いのでやめましょうという話です。

僕は覚えようとすると教科書を開くのが嫌になってしまいます。しかも、1回読むぐらいではどうせ覚えられないです。

理解するだけでOK、と自分に言い聞かせれば、とにかく教科書を開いて、目の前の文章を読むことに集中できます。これですぐに勉強を始められるようになれます。

それに、暗記が得意な人以外は、「理解した!」という体験を何度も繰り返して覚えます。つまり、覚えようとしなくて良いんです。とにかく理解することに全集中しましょう。

USCPAの勉強法2-2 早く読まなくて良い。自分なりにかみ砕く

「USCPAは効率が大事だから、教科書は速読しなくちゃ」と思う人もいるかもですが、そんなに早く読まなくて良いです。

早く読んでもたかが知れているので、落ち着いて読んできちんと理解することの方が大事です。この時に、読みながら思いつくことで役立ちそうなことは教科書に書き込みましょう。

大したことでなくても良いです。例えば下記の感じ。

上記は「Review報告」に関する記載なのですが、「Audit」と同じルールであると思い浮かんだので、右側にそのことを書き込みました。

関連記憶は覚えるための大きな武器ですが、こう書き込んでおくことで読み返すたびに関連記憶を刺激できます。

USCPAの勉強法2-3 関係性を矢印でつなぐ

見た方が早いですね。下記の感じです。

「private activity bonds」に関する記述が教科書の下の方に書いてあったので、そこを枠で囲って、矢印で目線誘導しています。

こうしておくことで、表を読んだ後にすぐ、下の説明書きを読めますよね。

これが無いと、次読むときに重要箇所が分からず、効率がめちゃくちゃ落ちます。こういった書き込みは教科書をきちんと読む1回目(初読)のときにしかできないので、関係性をどんどん書き込んでおきましょう。

USCPAの勉強法2-4 ぱっと思いつくなら表にする

アビタスの教科書は基本的にイケているので大丈夫ですが、「この文章が表になっていれば良いのに」と思うことがあります。

そんな時は下の様にぱぱっと表にまとめておきましょう。

設例が文字ばかりで分かりづらかったので、数値例を設定して表にまとめています。ただこれはぱぱっと書いた表ではないですね。僕は2列2行程度のマトリックス形式の表を書くことが多いです。

USCPAの勉強法3 2回目からの通読のコツ

1回目(初読)が終わった後の、教科書を2回目に読むときのコツをまとめていきます。何度も書いているとおり、ここからは書き込んだノートが主役となります。

書き込み中心に読んでいきますが、書き込み内容は1回目(初読)以外に問題演習の反省も多数含んでいます。問題演習の反省で書き込むことは【USCPA勉強法_問題演習編】1年3カ月で合格した僕がしたことに書いてます。

コツは次の通りです。取り入れられるものから取り入れていってください。

  • 復習のペースは①当日②翌日③3日後④1週間後⑤1か月後
  • 下線や矢印を頼りに重要部分だけを読んでいく
  • 書き込みを読みながら、問題を思い浮かべたり書いた背景を思い出す
  • イラストは楽しむ
  • 直前期はほぼ書き込みだけを読んでインプットの効率を最大化する

USCPAの勉強法3-1 復習のペースは①当日②翌日③3日後④1週間後⑤1か月後

2回目からの通読で一番こまるのが、どのぐらいの頻度で読めば良いか、です。これは人によるのですが、僕は①当日②翌日③3日後④1週間後⑤1か月後の5回復習していました。

これは恥ずかしながらかなり多いほうだと思います。僕は記憶力がかなり弱いので、3日以内に3回は反復しておかないと、短期記憶から長期記憶に切り替わらないんですね。

普通以上の記憶力がある人は、有名なエビングハウスの忘却曲線を意識しても良いと思います。詳細はグーグル検索してください。この法則の場合は、①当日②1週間後③1か月後でOKです。

USCPAの勉強法3-2 下線や矢印を頼りに重要部分だけを読んでいく

 1回目(初読)で重要部分に下線を引いたり、矢印で視線誘導するようにしていると思うので、2回目からはこれを頼りに効率的に読み進めましょう。

表などを書き込んでいればさらに効率が上がります。

問題演習をはさんでかなり理解度が上がっているので、文章を丁寧に読まなくても理解できるようになっているはずです。効率的に復習を進めましょう。

USCPAの勉強法3-3 書き込みを読みつつ、問題を思い浮かべたり書いた背景を思い出す

書き込みは問題演習を解いた後の思いやがこもっているので、書き込んだ時のことをなるべく思い出しながら読みましょう。そうすると関連記憶が呼び起こされて、思い出しやすくなりますし、記憶定着がどんどん進みます。

こんな書き込みを読めば、「ああ、そういえば計算方法を間違えて問題を間違えたな」とどんな問題だったかをある程度思い出せるもんです。

USCPAの勉強法3-4 イラストは楽しむ

僕は問題演習の後にちょくちょくイラストを書き込んでいたのですが、これはかなりおすすめです。というのも、単調な勉強がすこし楽しくなるからです。

しかも、「へたくそな絵だな」と笑えることで、記憶定着もはかどりますので一石二鳥です。

例えば次の様なイラストです(本当に絵が下手ですね。。)

今でもこれを見ると「ああ、こんな問題が出たな」と何となく思い出せます。DNI(分配可能純収益)までしか控除できないという問題ですね。計算問題を間違えた記憶が今でも思い出されます。

イラストはめちゃくちゃ記憶に残りやすいので、最初はかなり恥ずかしいですが、かなりおすすめな勉強法です。

USCPAの勉強法3-5 直前期はほぼ書き込みだけを読んでインプットの効率を最大化する

本当に書き込みだけを読んで内容を理解するのは難しいですが、直前期までになるとかなり記憶定着が進んでいるので、書き込みを見て、捕捉として教科書を読むぐらいで読み進められるようになります。

書き込みは演習問題の振り返りが詰め込まれた最強の直前対策ノートなので、これを繰り返し読むことでインプットの効率を最大化しましょう。

USCPAの勉強法(まとめ)

いかがでしたでしょうか。教科書への書き込み例をかなりたくさん載せたので、実践するイメージが湧いていると嬉しいです。教科書を効率的に読み、書き込みを最大活用することでかなり合格に近づけると思うので、是非実践してみてください。

 

 

 

-USCPA
-,

© 2021 Minoru Blog